宅建主任者と取引主任者の違い

知り合いの方で、宅建主任者と取引主任者の違いは何か気にしていた方がいたので、調べてみたのですが、事業所の従業員5名に対して、取引主任者の数は1名以上と定められているみたいです。
例として、20名の従業員がいる事業所の場合は、4名以上の取引主任者が必要になります。
取引責任者は企業の宅建免許登録の際にその氏名などを登録されるのが専門の取引主任者のようです。
登録が必要ない取引主任者は、宅建業を営む企業が宅建免許登録の際に氏名などを届けなかった主任者が取引主任者と言われているみたいです。
業法上、企業が免許登録の際にその方の登録をしているかしていないかの違いだけのようですので、どちらかしかできないという業務があるわけではないようで、業務内容も義務もまったく同じみたいです。
どちらが大変かとか儲かるかとかは関係ないそうです。
ただ、専任になれば媒介を頼まれることもありますが、仕事の量は増えて儲けは出るのですが、報告はまめにしないといけなくなり、大変になります。